多汗症とは

私はパースピレックスでワキ汗対策中です

脇や手のひらの場合は原発性で限局性?

私自身のパースピレックスのメインの使用目的は、緊張による脇汗対策ですが、多汗症などが原因で脇汗や手汗の出やすい場合の対策方法としての使用を考えている人も多いかもしれません。

そこで多汗症とはどのようなものか少し調べてみました。

まず、多汗症には、続発性多汗症と原発性多汗症という2種類が存在するようです。これらの違いは、続発性の場合は、何らかの病気などが関係してその病気がきっかけとなり、どうしても汗が出やすくなってしまうというもの。

風邪をこじらせて熱が出ると汗が出ますが、ある意味、それと同じようなもので、病気が収まるまで継続して発汗しやすくなることなのだと思います。

一方、原発性多汗症というのは、健康な人でも病気など関係なく発汗が増加してしまう状態のようなので、まず、脇汗や手汗が多く出てしまう場合、健康な人であれば、原発性多汗症に含まれるということです。

更に、これら以外にも、汗の出る場所でも分類されます。

体全体には、熱を放出して体温調整する為にエクリン腺という汗腺が分布していますが、それらの特定した場所ではなく、全身からの発汗が増加することを全身性多汗症と呼ぶようです。

一方、脇の下や手のひらなど、限られた部位で発汗の増加が現れる状態を限局性多汗症と呼ぶようです。

脇の下や手のひらなどは、精神的な事が関係して発汗が増加される場所。
緊張などによって脇の下や手のひら、または、足の裏などの発汗が増える場合は、原発性多汗症であり限局性多汗症という事になるのだと思います。

精神的な事による発汗は、自律神経が関係しているのでコントロール出来るようになるとも言われていますが、悪化してしまう場合もありますし、そう簡単に出来るものでは無いように思えます。

パースピレックスなら精神状態を気にすること無く、いつでも制汗作用を持続する事が可能です。